FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

『 獣の奏者 』 (上橋菜穂子/著)

獣の奏者 Ⅳ完結編獣の奏者 Ⅳ 完結編
(2009/08/11)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

管理人評価:★★★☆

【あらすじ】
王獣たちを武器に変えるために、ひたすら訓練をくり返すエリン。―けっしてすまいと思っていたすべてを、エリンは自らの意志で行っていく。はるか東方の隊商都市群の領有権をめぐって、激化していくラーザとの戦の中で、王獣たちを解き放ち、夫と息子と穏やかに暮らしたいと願う、エリンの思いは叶うのか。王獣が天に舞い、闘蛇が地をおおい、“災い”が、ついにその正体を現すとき、物語は大いなる結末を迎える。

『獣の奏者』圧倒的な筆力でいよいよ完結!待望の続編2冊同時刊行!



人間の性や歴史───
何かとてつもなく大きなメッセージが込められてました



この分厚さの本を1日で2冊読みきるという
未だかつてない快挙を達成させました\(^O^)/


(そんなことはどうでもいいですねwwぃゃでもそれだけ入り込んで読めたってことでww)

私4年前からは読んだ本をメモ帳に記録してるんだけど前作のⅠ・Ⅱを読んだのが1年半前・・・・
まだブログに本レビューを書いてなかったんだけど、ブクログには当時に書いた簡単な感想があったので、貼り付けてみます↓↓↓↓
(まぁ新機能を試したいっていうのもあるんだけどwwwww)

上橋 菜穂子
講談社
発売日:2006-11-21

続きが気になって一気に読み進めてしまいました。
獣と人間の繋がりをすごく考えさせられました。
そして、なんといっても主人公の描写が細かい!
最後は「え、ここで終わっちゃうの?!」と生殺しのようなの終わり方でしたが、その後はあえて読者の想像に委ねる・・・てことなのかも。

何にせよこれを読んでますます上橋さんが好きになりました!!

Ⅲ・Ⅳでは18歳だった主人公・エリンの11年後が舞台です。
夫・イアルとの間にもジェシが生まれていました。
しかしなにせ1年半前に読んだことだから、読者も「そういえばどんなことが起きてたっけ?」って忘れてる部分も多かったけど(笑)、ところどころで回想が出てくるので助かりました^^
(続編ってこういうことがあるから困りもんです(また1から読み返したくなったw)


【闘蛇編】【王獣編】が「人と獣」の物語であるとすれば、
【探求編】【完結編】は、「人ち獣達の歴史の物語」であるだろう。


と、(あとがきを読み)私もそう思いました。
・・・けどⅡの終わり方もそうだったけど、この物語はどうもただのハッピーエンドとは行かないようで(;^_^A

本当にこれで完結したんだ、と。
何か最後には物悲しさを残して読み終えた気がします。

作者の上橋さんはⅡの【王獣編】でこれ以外の終わり方はない!とまで(あとがきで)言っていましたが、私はこの続編として11年後のエリンたちを読めてやっと落ち着きました・・・それぐらいⅡはでストンと急に終わったような腑に落ちない最後だったから・・・。


なにか人間の性、歴史、そんなどうしようもない、けど今からでも変えられるような───
そんなとてつもない大きな大切なメッセージがあるように思えました。

エリンとイアルも王獣のため、リョザ国のため、人々のため、世界のため、何より子供のジェシとため・・・と国の政治や戦にどんどん関っていくわけで。

児童書、ファンタジーとしてカテゴリーするには収まりきれないような物語だと思います。
子供だけじゃなくて大人でも十分面白く、考えさせられるものだと思う。


・・・けど何って、イアルの生涯を考えるとすごく悲しかったです。
というより、エリンとイアルの夫婦の想いが、っていうのかな?
ロランの思いと同様このふたりには誰よりも幸せになってほしかった(ρ_;)

多くの描写はないんだけど、それでもこのふたりの愛というのが読んでてすごく伝わってきました。




けど、Ⅳの表紙を見てまさか・・・とは思ってたんだけど・・・・
この本は、表紙の絵が何より物語の全てを語っていると思います!

(読み終わってもう1回表紙を眺めるとまた違って見える(/ヘ ̄、)グスン



▼ポチッとな(゚▽゚*)






関連記事

web拍手
| 読本れびゅー | 11:07 | comments:6 | TOP↑

COMMENT

面白そうですね。

こういう話好きです。

図書館で借りて読んでみたいと思います・・・時間があれば・・・

| 卍リシャール卍 | 2009/10/09 18:18 | URL | ≫ EDIT

こんにちは
ああっ!有川さんに引き続き上橋さんまでも!!
といいつつ、こちらはまだ未読なのです。
いえ、もちろん購入済みです。前編の文庫版のほうだけですが^^;
ハードカバー、もうしまう場所がありません。なので、できうるかぎり文庫で本は買うようにしてます。今は文庫化するのも早いから、きっとこちらもすぐに文庫化してくれますよねぇ……と淡い期待。

『獣の奏者』、実はめずらしく嵌って観てしまっているアニメなのです。毎週録画して熱心に観ておりまして、そのうちブログでも載せようかなぁと思いつつズルズルきておりました。
エリンはやっぱりイアルさんと結婚するんですね。
とはいえ、詳細は読んでからのお楽しみにしようかと、今回の記事は途中で読むのを止めておくことにしました(ごめんなさい(>人<))。
文庫化して一気読みしたら、またあらためてこちらの記事にじっくり目を通させていただきたいなと思っております。
興味深い『れびゅー』、またしてもありがとうございました!

追伸 小野さんの十二国記シリーズもすべて読んでいたりします^^

| ZAKI | 2009/10/11 17:55 | URL | ≫ EDIT

>卍リシャール卍さん
私も地元の市立図書館で借りましたが・・・
予約ランキング5位になるほどリクエスト待ちの人がいっぱいで、私も後にも35人の方が予約待ちしてましたwww
(その中でも貸し出しの第1読者が私だったというwww)

私のこの拙いレビューを読んで
本を読むきっかけになってくれたら嬉しいです♪
もし読んだら是非感想聞かせてくださいね^^

| 神楽崎@管理人 | 2009/10/11 23:16 | URL | ≫ EDIT

>ZAKIさん
ぉおお!もしかしたらZAKIさんとはかなり好みの本が似てるかもしれませんねッヽ(゚∀゚ )ノ
上橋菜穂子さんの本は中学生の頃から好きでした。
「守り人」シリーズも去ることながら、私は何よりも『弧笛のかなた』が1番好きです!!!(こちらはもう文庫版でも出てるので是非><
でも獣の奏者は1、2が文庫化してるので、1年後ぐらいには3、4も文庫化すると思いますよ^ω^

私は逆にMHKで放送し始めたアニメは(本を読んだのが先だったせいか)どうも自分のイメージに合わなくて1回見ただけで見なくなりました^▽^;
「精霊の守り人」のようなクオリティーでやってほしかったなってw
(このブログでは隠してるけど、私もけっこうなオタクなものでwww)

レビュー、なるべくはまだ読んでない人にもネタバレしないように内容を明示する感想は避けてるのですが・・・
私のレビューを読んで「これから読もうと思ってた本だったのに!!」って楽しみを減らすようなことをしていたら申し訳ないですm(_ _)m


にしても!!!!
ZAKIさんも十二国記を読んでいるとは本当に好みの本が(以下略w)
私はこの本は友達に借りて只今絶賛読書中でありまして^^
でも十二国記はどうも中国文化風といいますか・・・私の苦手な漢字が多い分、読んでると眠くなってくるんですよねσ(´∀`;)

| 神楽崎@管理人 | 2009/10/11 23:32 | URL | ≫ EDIT

ふふふ( ̄ー ̄)
こんにちわ。ふたたびお邪魔します。
本の趣味、ほんとに合いますね~。

『弧笛のかなた』実は読んでます(笑)
でもって、『守り人』シリーズも読むつもりですでに購入済みです(積ん読本が多すぎて、まだ手をつけられておりませんが……^^;)

獣の奏者は私の場合、原作を読まずに先にアニメから入ったので特に違和感はありませんでした。
たしかにクオリティの高さという面では「精霊」のほうが断然美しかったですが(……って、こっちもしっかり観ていた私(笑))、獣のほうも見慣れてしまうとあれはあれで結構味わい深く、絵柄やキャスティングも含めて作風によく合っている気がしました。
3、4の文庫化が待ち遠しいですね。
その前に守り人シリーズを読破しておくことにします。

>楽しみを減らすようなことをしていたら申し訳ないですm(_ _)m

いえいえ、そんなことはないですよ。
今回は自主的に途中で記事を読むのをストップしただけですから。
あとであれこれお話しできたら楽しいですね~!


でもって、十二国記……

>只今絶賛読書中

(爆)!!!
なんて素晴らしい表現力! ひとりで大ウケしてしまいました(≧▽≦)
でも、そうそう! 読んでるとまさにそんな感じですよね。
小野さん、尊敬する女性作家さんの筆頭です。
あんなふうに文章が書けたらどんなにいいでしょう。
『十二国記』シリーズに関連する『魔性の子』もいいですし、他に『屍鬼』や『東亰異聞』、『黒祠の島』などもお勧めですよ!(ご存じでしょうか?)

「れびゅー」でとりあげられているあさのあつこさんなどもまだ未読ですが、読んでみたい作家さんのひとりでして、神楽崎さんとは好みが合いそうだなぁと思っていたので今回は極めつけでした(笑)

またお邪魔させていただきますね~(⌒▽⌒)/

| ZAKI | 2009/10/12 14:43 | URL | ≫ EDIT

>ZAKIさん
すごい・・・ZAKIさんはいっぱい本があるみたいで本当に読書家さんなのですね!!
(私は本が買えなくて図書館頼りです^^;)
その積んである本の山を是非見てみたいwww

小野さんの本は十二国記以外はほぼ読んだことがなくて・・・
アニメきっかけで「ゴーストハント」(悪霊シリーズというのでしょうか?)に面識があるくらい^^
今はいわゆる“児童文学”以外の本を読んでみようといろんなオススメ本を探し回っているので、小野さんの本は是非読んでみたいと思います!

あさのあつこさんも大好きです!
あさのさんが描く少年少女像とその甘酸っぱい青春劇(笑)が大好きで><
でもなにか奥深くにダークな面があるので
立て続けにあさのさんの本を読み続けると鬱になってくるかも?笑


私も読書は時間のあると時と気分なので
時期によっていっぱい読んだり全然読まなかったりの差が激しいのですが・・・
1人でも「れびゅー」を読んでいてくださる方がいて励みになります♪

更新遅いですがまた気が向いたら覗きに来て下さい(●^ー^●)

| 神楽崎@管理人 | 2009/10/16 03:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。