FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

『 ショートソング 』 (枡野浩一/著)

ショートソング (集英社文庫)ショートソング (集英社文庫)
(2006/11)
枡野 浩一

商品詳細を見る

管理人評価:★★★★★

【あらすじ】
ハーフの美男子なのに内気で、いまだチェリーボーイの大学生、克夫。憧れの先輩、舞子にデートに誘われたが、連れていかれたのはなんと短歌の会!?しかも舞子のそばには、メガネの似合うプレイボーイ、天才歌人の伊賀がいた。そして、彼らの騒々しい日々が始まった―。カフェの街、吉祥寺を舞台に、克夫と伊賀、2つの視点で描かれる青春ストーリー。
人気歌人による初の長編小説。



エロ × コミカル × 短歌 = 『ショートソング』


授業中に読みきって、ひとり清々しい心地でしたwww


19歳の(カナダとのハーフである)美男子で童貞男の国友克夫と、
ドSでプレイボーイな天才歌人の伊賀寛介。

携帯小説が発祥だったからか、ストーリーはこの2人の視点から2、3ページ交代で描かれてる全100話五章からなっていて
話が心地いい感じのスピーディーさで進んでいく。

この2人の心の成長が読んでいて飽きない、
むしろ結末がどうなるんだろうって読むのを止められなくなるほどで。
内気な克夫が好転していって、天才歌人だった伊賀は落ちぶれていく・・・
とも取れるけど、私は伊賀さんも少し成長して今までより1歩進めたんじゃないかと思う。

ってそう思うほど主人公達に思い入れが出来てしまった(つω`*)

同じく登場してくる女性達にも、何か人間味があって好きになる。


なんせ童貞男とプレイボーイ設定が大前提なので
文中はエロい表現(行為)とか男の脳内的な(笑)描写が多いんだけど
それがなんだか笑えるくらいコミカルに書かれていると思いますw
そんな男たちに爆笑してしまうほど^^^^

しかもこの小説の物凄くいいところは、著者が短歌の歌人だけあって
自然に主人公達の短歌が盛り込まれているところ!!
なんかこう・・・理由付けできない人間の感情・・・みたいなのが
文章じゃなく短歌で詠われてるのがすごく「面白い」と思った。
むしろそこがこの小説の醍醐味であって、短歌でしか表現できないんじゃないかと思う。


でも短歌(5・7・5・7・7で詠われる)ってなんだか堅っ苦しいイメージがあるけど
現代の短歌は全然そんなんじゃなくて
詠わない私でも素直に「短歌って面白いな」って思った。
しかも主人公たちが詠っている短歌は、全部現実に実在する歌人が詠ったものだというので
それもまたビックリしました。
そんでもって心に残っているのは大抵が歌人でもある著者が書いた歌だったりw


そしてこの青春小説が、どこかお洒落感が漂うのが
度々に出てくる吉祥寺のカフェたち。メニューで頼む美味しそうな食べ物。
情報誌読んでる感じで、自分も同じ店に行ってみたいと思いました。



長々と感想をぶちまけましたが^▽^
ここで一句読めればいいんだけどwwそうもいかないんで文中の気に入った歌を。

ついてないわけじゃなくってラッキーなことが特別起こらないだけ
───伊賀寛介 (枡野浩一)

だいじょうぶ 急ぐ旅ではないのだし 急いでないし 旅でもないし
───伊賀寛介 (枡野浩一)




枡野浩一公式サイト:http://masuno.de
枡野浩一公式ブログ:http://masuno.de/blog/
枡野浩一のかんたん短歌blog:http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/blog/





しかし、いちばん驚いたのは克夫の妹が人気BL作家になっていたことだw
たしかにそんなケはあるwww



▼ 私の読本れびゅーが誰かの何かになりますように・・・
関連記事

web拍手
| 読本れびゅー | 02:14 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。