FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

この月明かりの下で 2

 第二夜  有明の月は水面(みなも)を漂い・・・

window02.png


 朝の透明な光が木漏れ日となって水面を輝かせていた。
 どこからかに聞こえる鳥達の囀りが、色を変えはじめた木々を一層鮮やかに彩っている。
 
 ここは向山の奥にある湖。
 體を浄める聖なる水として、巫女だけが入ることを許された場所であった。
 (今日は素敵な日になりそう・・・)
 清はそんな根拠のないことを思いながら、静かに水を掻いた。
 今日は御付の純には内緒でこっそり来てしまったけど、本当によかった。こんなふうに泳いでいるところを見つかりでもしたら、また「聖なる場所でなんてことを!」なんて言葉が飛んでくるに決まっている。
 あの子が言うことが正しいのはわかってるんだけど、何せ口うるさくってかなわない。
 わたしとそう年も変わらないのに、あんなんでは将来もっと五月蝿いおばさんにでもならないかと心配だ。
 ひとりでゆっくりと考え事のできるこの時間が、清にはとても好きで、心が安らぐ貴重な時間でもあった。
 毎日大婆さまの巫女の仕事を見て習い、作法や勉学を学び、名も覚えきれないほどの重役の人たちと面会する・・・次に狸衆の巫女となるのはわたしなのだから、どれもそのためには大切なことなんだけど・・・。
 でも正直言ってそんなのつまんない。
 鳥や兎たちとおしゃべりしたり、野山を走っているほうがどんだけ楽しいことだろう。他の女狸たちとも他愛もないおしゃべりをして笑いあいたいのに、わたしが姫巫女であるためにそれも叶わないのだ。
 ・・・そう思うと、友達っていえるのは純だけかもしれないな。

 そんな口には出して言えないことを考えながら泳いでいると、ふと水が透明ではないことに気付いた。清らかであるはずの水が妙に濁っている。
 湖の奥──葉が茂っているところを見ると、そこが不思議と陰っていた。たぶんあそこに何かあるのだ。
 戻ったほうがいいかな・・・と思ったもののなんだかすごく気になって、その好奇心に負けて清はゆっくりと陰に近づいていった。
 近づくにつれて、漂う水に赤いものが混じっている。
 (これって・・・血?うさぎが怪我でもしてるのかしら!?)
 そう思って急いで泳ぎ草を掻き分け陰を見ると───

 そこにいたのは狐であった。

 血は彼の背中から出ているようで、水が揺れ動くたびに血がそわりと出てきていた。
 死んでいるのだろうか・・・恐る恐る濡れた手で青年の口元にあてると、まだかすかに息をしているのがわかった。どうやら気を失っているようだ。
 清は一瞬ためらった。狸が狐なんかを助けるな、などと言われるだろうか?
 (ううん、でも見殺しになんてできるわけない)
 そう決心すると、彼の両肩をもってゆっくりと引っ張った。そうして水面に浮かばせるようにしながら、なんとか元来た岸に體を上がらせた。
 砂利の上では痛いだろうからと自分の上衣をひくと、その上に彼をうつ伏せにして寝かせた。
 案の定、狐の背中は右肩から腰の辺りまで斜めにざっくりと切れていた。
 見るほどに痛々しかったが、幸いにも傷は浅いみたいだ。
 清は急いで近くの草木の茂みに入ると、いくつかホコリタケが生えているのを見つけた。
 その中から緑褐色になっているものを選ぶと、胞子を飛ばさないように慎重に採った。次に青年の上着を脱がすと、自分の下衣で優しく傷口を拭き、そして先ほどのホコリタケを細かく叩きながら患部に胞子を振りかけた。
 ・・・たしかこの方法でよかったはず。何せ初めてけが人を手当てするのだから、清は小さい頃山で遊んで怪我したときに純が教えてくれた手当ての方法を必死に思い出しながらやっていた。
 
 その間も青年は何度か耳をひくっと小さく動きはしたが、依然として目を覚まさなかった。

 



▼ FC2 Ranking


-------------------------------------------------------------------------------------
 
【用語・読み・その他解説】

* 向山(ムコウヤマ)・・・狸衆の生息する山。
* 清(キヨ)・・・狸衆の姫巫女。(次期大巫女になる)(けがれなくすみきっている)
* 純(アヤ)・・・清の御付のモノ。(まじりけがないさま)
関連記事

web拍手
| この月明かりの下で | 04:18 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。