FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

『 セレモニー黒真珠 』 (宮木あや子/著)

セレモニー黒真珠 (ダ・ヴィンチブックス)セレモニー黒真珠 (ダ・ヴィンチブックス)
(2009/03/25)
宮木 あや子

商品詳細を見る

管理人評価:★★★★★

【あらすじ】
町の葬儀屋「セレモニー黒真珠」は、忙しかったり、ヒマだったり。
いちおうまだ20代なのに40代にもまちがわれるほどシッカリしすぎな29歳女性・笹島に、悩めるメガネ男子26歳・木崎、何やらワケアリ気味の新人女性派遣社員21歳・妹尾。
葬儀屋を舞台に男女3人の仕事と恋愛を描く連作短編集。
宮木あや子流ラブコメは、泣けるラブコメ。



笑えて、泣けて、キュンとする

葬儀屋でラブコメ。 全然ありでした。


ワカマツカオリさんファンの表紙惚れに加えて
雑誌『ダ・ヴィンチ』に載っていたあらすじを読んで面白そうだったので読んでみましたが
想像以上に面白かった!!!

表紙ホイホイだけど中身もそれ以上にホイホイだったよ(^p^)←

高校のときに父親を亡くし、別れた彼氏にトラウマを持つ見かけ40歳(実年齢29歳)の笹島、
火葬場の煙が昔から好きで葬儀屋になった、霊が見えてメガネが異様に似合うイケメン26歳の木崎、
父が蒸発、その後すぐに母が薬中自殺した上に借金返済のため身体を売っていた過去を持つ妹尾、
元ヤンの社長ゴロー

登場人物たちもいろいろな辛い過去を持っているのに
それが妙に淡々としていて軽快に描かれている。

しかも葬儀屋っていう立場や目線からの物語に
主人公達の恋愛や遺族達の家族というものが丁寧に描写されていて
のめり込んで一気に最後まで読み進めました。

ンでもってしっかり甘苦なラブコメときた。(゚∀゚)



木崎さん笹島さんみんな大好きだっ!!





▼ これを機に宮木さんのほかの本も読んでみたいです。
関連記事

web拍手
| 読本れびゅー | 01:12 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

感謝!
突然ですがまずはお礼を。ありがとうございます。
というのも、神楽崎さんが以前ここで紹介された「ショートソング」今更ながら読んだのです。レビューを読んで気になっていたものでw
たしかに男たちの煩悩が丸出し(笑)でしたが、内容も面白かったし、短歌を思わず読んでみたくなる作品でした。
素敵な小説に出会わせてくれた神楽崎さんには大感謝です。

さてはここで絶賛された本にハズレはないな…!
なので今回の「セレモニー黒真珠」も読んでみますね^^

これからも執筆+レビュー期待してます。

| ホチ | 2010/01/24 21:45 | URL | ≫ EDIT

>ホチさん
ぅぉおおお!!このブログのレビューきっかけで読んでいただいたのですね!?
嬉しいことこの上ないですこちらこそありがとうございますコメントに嬉しくて思わず飛び跳ねちゃいました。(ぜぇぜぇ)
つい最近からですがそれでもレビュー書き始めて、それがホチさんの本を手に取る良いキッカケ作りになったこと光栄に思います!

>さてはここで絶賛された本にハズレはないな…!
そんなこと言われたら下手なこと書けないじゃないかwww

セレモニーも機会あれば是非読んでみてください。
なんだかんだでいざってときには女性を救ってくれる・・・っていう男・木崎さんには惚れてしまいます^^

| 神楽崎@管理人 | 2010/01/25 22:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。