FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

『 スローグッドバイ 』(石田衣良/著)

スローグッドバイ (集英社文庫)スローグッドバイ (集英社文庫)
(2005/05/20)
石田 衣良

商品詳細を見る

管理人評価:★★☆

【あらすじ】
さよならから始まる恋人たちの物語。
失恋して心を閉ざした女の子、友人が振った恋人と付き合う男性、コールガールに思いを寄せる男性、ネット上で知り合った恋人、セックスレス・カップルなど、都会を舞台に、20代、30代の「恋する人たち」男女を中心に描いた10編の恋模様。著者が描く初の恋愛小説集。



短編集は1話ずつ読め。

今回の教訓です。


石田衣良さんの本は初めて読んだんだけど
この本は「小説すばる」で筆者が書いていた初の恋愛短編小説みたいです。


1.「泣かない」
 失恋して心を閉ざした女性の話。(スギモト+ハナ)
2.「十五分」
 飲み会で気があったゼミの女の子とセックスに溺れた日々。(ハルト+ユウミ)
3.「You look good to me」
 ネットで知り合った「私は醜い」というアヒルの子と会うことに。(オスカー+アヒルの子)
4.「フリフリ」
 最初は恋人の振りをする関係だった・・・。(武彦+潤子)
5.「真珠のコップ」
 コールガールに思いを寄せる男性の話。(裕人+リカコ)
6.「夢のキャッチャー」
 シナリオライターとしてどんどん成長していく彼女だけど・・・。(史郎+曜子)
7.「ローマンホリデー」
 「私と『ローマの休日』をしませんか?」そんな掲示板の書き込みがきっかけだった。(瑞希+有希)
8.「ハートレス」
 セックスレス・カップル。(ユタ+レイコ)
9.「線のよろこび」
 駅に貼られたポスターの絵に心惹かれて。(高作+サツキ)
10.「スローグッドバイ」
 彼女と最後のデートをした。(フミヒロ+ワカコ)


1話ずつ全く別の物語ですが、舞台は全て渋谷や銀座、横浜といった東京近辺で起こります。
しかもこの短編集の最後が「別れる彼女と最後のデートを過ごす」というお話で、
その別れ方が妙に清々しくて、その彼らと共にこの本とも清々しく読み別れた気がします。
全てがハッピーエンド、10編のあるうち5話にセックスシーンが描かれているというww
同じ甘い恋愛小説でも、たとえば有川浩のような恋愛では決してない感じが
初めて石田さんの小説を読んだ私には新鮮でした。
主人公達はみな20代・30代で、少女漫画のような甘ったるい(熱苦しい?)恋愛はなく
どことなく冷めた思いを持っているところが、自分が読み年齢に合ってたような気がします^^

でも、アレだね。
短編集は特に、1冊をずっと読んでると作者の恋愛ストーリーパターンに慣れてくるっていうか
だんだん新鮮味がなくなって・・・飽きてくる!
最後のほうとか「あと2話ある!」みたいな^^正直辛かった^^^^

でも10編の中でも私が1番好きだったのは「真珠のコップ」と「夢のキャッチャー」かな♪
「十五分」はひたすらヤりすぎてて「もういいよ」ってなったw(つまらない官能小説みたい)
けど筆者が男性なせいか主人公が女性だと妙にサバサバした女性像でした。


ぁ、でも最後のあとがきに
「眠るまえにひと粒か。ふた粒ずつ、ゆっくり服用する」
って書いてありますね^▽^;
一気に読むのはよくないです。笑



▼これでもまだ今年入って3冊しか本読んでにゃい...
関連記事

web拍手
| 読本れびゅー | 02:13 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。