FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

エキストラ イニング

「物語は素晴らしい!」コミュニティ企画  「Autumn Story」お題小説

エキストライニング


 夏休みが終わってすでに1週間が過ぎた。
 2学期が始まったというのに夏休みの気怠さと攻撃的とも言える暑さは収まる様子がない。
 教室は静かで、シャーペンがカツカツと机にあたる音や紙の上を走る音が聞こえる。
 みんな下を向いて真剣に考え込んだ顔をしていた。
 当たり前っちゃ当たり前か。何せ今は授業中だ。
 だけど2年生のときの、騒いだり後ろの席の奴としゃべったり居眠りしてる奴がいた教室を思い浮かべると、やっぱしもう受験間近の3年なんだなあ、と思わずにはいられなかった。
 
 そういえば、いつの間にか蝉の声も少なくなってんな・・・・・

 「ちょっと、野田!野田!」
 「あ?」
切羽詰った小さい声で後ろから肩を叩かれ、俺はゆっくり振り向いた。
 後ろの席の早河が慌てた顔で見ている。隣の奴も心配そうに俺の顔を見ていた先に、先生が俺をじっと見ている姿が見えた。
 「お前も校庭で体育に参加してくるか?」
 「あ、い、いえ・・・」
 「カッコ3の答えを前に来て書け」
自分のノートは2番の途中で解くことを放棄していて、3番の問題は当然のように真っ白だ。俺は慌てて早河のノートを覗き込んで3番の答えを覚えこむと、一か八かの勢いで黒板へ向かった。
 「お前、再来週には統一テストあんだぞ?ぼけーっと外見てる暇なんてないぞ」
 先生にはそう言われて教科書で軽く頭を叩かれて終わった。
 その光景に笑う奴は誰もいなかった。


 俺だって勉強しなきゃヤバいな、って思ってる。毎日のように小テストや確認テストばっかだし。そのために休み時間だってみんなノートや教科書を握り締めていた。
 だけど・・・俺は・・・夏を抜け切れないでいる気がした。いや、「気がする」っていう現在進行形で。
 しかし、1年からやってた野球部は早々に引退していた。
 1回戦は幸い進学校の弱小チームで4-1で勝ち越したが、2回戦目で早くも敗退。しかもコールド負け。
 「目指せ甲子園!オー!」などという勢いあるチームでなかったことはたしかだし、俺もそこまで部活に燃えてたかっていうとそうでもなかった気がする。
 だから野球のせいで夏に勉強出来なかったってわけじゃなかった。
 だけど、この延びきったゴムみたいなやる気出ない感じはどうしようもなかった───


 「おー、野田じゃん」
後ろから早河が自転車をこぎながら近づいてきた。
 「なにー今から帰んのぉ?」
 「お前、俺のこの行動見て帰る以外に何すると思ってんだよ」
 「ん?これやると思ってる」
にかっと笑って前カゴから取り出したのはグローブ2つとボールだった。

 
 「なんか土手でキャッチボールとか久しぶりだねー」
 数メートル先からボールを投げながら早河が言った。
 「小学校の頃もよくここで亮二とキャッチボールしたよねー」
 あ、昔みたいに名前呼びになってる。
 そう思いながら山なりに投げられた緩いボールをなんなくキャッチした。
 「お前今日予備校とかあんじゃねーのぉー?」
同じような緩いカーブで早河にボールを返す。
 「んー?1回ぐらいサボったって馬鹿にはなんないよー」
笑いながら相手もなんなくボールをグローブにおさめる。
 そんなに大きくもない川が近くを通る土手で、小学生の遊び場やジョギングする人の利用場所ともあって夏場なのに雑草はあまり伸びていなかった。近くで小学生の楽しそうにはしゃぐ声が聞こえてくる。
 「亮二さー、志望校とかどこに行くか決まったあ~?」
 さっきよりも声は普段の会話と同じボリュームに下がっていく。
 俺はボールを手の中で遊ばせてから、やっぱり「まだー」と言いながら投げ返した。
 「お前は?」
 「あたしはー・・・・そうだな、なんとなく決まってきたー」
 そうだよな。夏を過ぎたこの時期に未だ進路に悩んでるなんて俺ぐらいか。それにこいつはなんだかんだで昔から俺よりしっかりしていた。
 緩いボールの投げあいはまだ続いていた。しばらくお互い何もしゃべらず、グローブがボールをキャッチする音だけが続いた。
 「あたしさー、小学生のころ、本気で野球選手になろうと思ってたんだよねー」
早河がおもむろにしゃべり始めた。俺は黙ってボールをとる。
 「でもさ~、途中からなんかやっぱり無理だなって気付いたんだ。なんとなく。そもそも女が野球選手とか無理なのに!」
 思い出し笑いでもするように、でもどこか渇いた笑い顔をした。
 お前だったらいけたよ。とはさすがに言えなかった。小学5年生くらいまでの早河は4番バッターをするほどチームの誰よりも野球が上手かったし、誰よりも足が速かった。そういえば早河が野球をしなくなったのはいつからだっただろ・・・
 「それでさー、5年生のとき、亮二怪我したじゃん?バックホームに勢いよく突っ込んで骨折したやつ!」
 「ああー・・・そんなこともあったっけ。お前よく覚えてんな」
 「そうだよ、あれ見てあたし「野球無理だなー」って思った」
 声を出して笑いながら早河が言う。
 「なんだよそれ。俺のせいで野球やめたのかよ」
 「違うよ。逆に違う夢見つけたの。・・・・・・整体師になること!」
早河がボールを投げて寄こした。
 「・・・それ、俺の骨折と関係あんのかよ」
 「充分あるよ!亮二の怪我治した先生がかっこよかったから!」
 思わず噴出した。「なんだよそれ!!」
 自分で言っておいて早河も笑っていた。
 「ま、もうひとつの夢は亮二のせいで潰えたからね」
 「なにそれ」
ボールを投げようとした手が一瞬止まる。
 早河は両手を胸に当てて少し声色を変えて、
 「『たっちゃん、みなみを甲子園に連れてって』」
冗談なのか本気なのか、真面目な顔で言った。
 「似てねぇえ!!」
早河は溜息混じりに俺が少し強く投げたボールをキャッチする。
 「はあ・・・やっぱりウチのチームは甲子園は無理だったね」
また弱い球を投げてくる。
 「でもさ・・・・・・お前試合毎回見に来てたよな」
 「気付いてたんだ」
 「そりゃあ~・・・・」毎回バッターボックスに入る前にお前の姿を確認してた。とまでは言えなかった。代わりに「お前、なんか目立つから」と意味不明な発言をしてしまう。
 早河はそれにも笑って投げられたボールをキャッチしていた。
 「亮二もさ~、夢とまでは言わなくてもなんか目標つくったほうがいいよ。あんた最近ぼけーっとしすぎっ!」
 こいつ俺のことよく見てんな。というより俺がそれほどにぼけーとしてんのか?
 「だって・・・なんつーか・・・・・・最近やる気とか勉強する気も湧かねーっつうか・・・」
最後のほうは独り言のようになっていた。
 「じゃあさ!!」早河がさっきよりも大声で言った。「あたしがあんたの目標決めてあげる!!」
 「どんな?」
 「亮二は次の統一テストで全教科平均点以上とる!!」
 「なにそれ・・・無理でしょ普通に!」
 「それで、あたしも志望校を安全圏に近づけるように頑張って・・・・それで告白するの!!」
勢いよく投げた早河のボールは悪送球となって、俺のグローブをかすめて落ちた。
 ころころ転がるボールを拾う。
 「なにそれ・・・わけわかんねぇー。つか俺のテストとどう関係あんだよ・・・」
 「お互い恋愛してても成績落ちない証拠をつくるのっ!!」
 「え・・・・・・それ、誰と誰の話・・・・・・っすか」
 「あ・・・あんたとあたしのに決まってるでしょ」
 早河の顔が赤くなってるような気がする。夕日のせいか?
 いや、それよりも俺の顔の方が赤くなってってる気がする。
 ふたりの間に沈黙の時間が流れた。なんて言われるか、またなんて言おうかとふたりして突っ立ったままだ。
 俺は右手に持ったボールを見つめながら───胃と腹の間からなにか押しあがってくる感覚があった。
 それが胸、首まで上がっていって最後はそれが口元で緩んだ。
 「───いいよ!受けてたとうじゃん!」
力強く早河にボールを投げた。早河のグローブの中でバシッといい音が返ってくる。
 恥ずかしそうに。でも早河の顔がだんだん嬉しそうな顔に変わっていった。
 「じゃあ、あんた今から死ぬ気で勉強しなよ!!」
 そういって両腕をゆっくり上げる。懇親の一球を投げるピッチャーのような構え。
 そして右手を一気に振り投げた。

 投げられたボールは真っ直ぐには飛ばず、右斜め頭上に向かっていく。


 俺は夕日に照らされて光るボールをキャッチしようと走り出した ─────







▼ ポチッとクリックがとてつもなく嬉しいです


こ、こここんにちわ!!(何故どもるww)

ということで「企画主が参加しなかったら駄目だろう」と思って
気合入れて「Autumn Story」書きました!
久しぶりの読みきり・・・久しぶりの恋愛小説です・・・。

ぁあ、、、でも長編作品ばっかり書いてるとなかなか終わらないので
こうして物語を完結させられると清々しい、というか達成感うまれますね\(^ ^)/


タイトルの「エキストラ イニング」というのは野球で延長戦の回のことです。
(野球用語・・・あまり知らないんですがあってますよね?辞書で調べたんですが^^;

この夏も高校野球や甲子園を観戦して熱くさせられました。
その野球のことを少しでも触れられればと思ったのですが、何せ野球のルールや用語なんかは全然無知ッ子なので
こうして無理矢理ねじ込んだ感じですw
タイトルとそれに合う画像を先に作ってしまったので、あとから「延長戦・・・というよりキャッチボールがメインじゃね?」と思いましたがww(こら、そこツッコまないの!!←

なんか夏も終わっちゃったけど、これからが延長戦!まだ試合の行方なんてわかんないよ!!
という思いでタイトルつけました。
亮二くんの試合もこれからです。大丈夫、私も高校後の進路を10月入るギリギリ前で決めた人だから!(ぁ

という今この時期の高3の勉強に励んでる子たちを(ちょっと思って)書きました。



・・・・ここで気付いた人もいると思いますが
「え、どこらへんが秋なの?」

こんな超あいまいなテーマ思考でいいんです!!!!(マテマテ!!

私も書き終わって思いました。「秋っつーか晩夏じゃね?」と。
でも 夏が終わる → 秋になる でいいんじゃないか・・・・な・・・と(”;)オドオド
企画主がこんなんでいいのかと思ってしまいました。ダメダメですねーあたし。



そんな感じです。(どんな感じだ)
この前読んだ漫画に影響されたんですが。

青春。またしたいです。いつまででもしたいです。






▼ クリックしてくれてありがとう!(←ぇ

web拍手
| エキストラ イニング | 01:45 | comments:16 | TOP↑

COMMENT

青春です! 恋愛です!
部活(とくに運動部)引退した3年って、程度の差こそあれ大体こんな感じなんじゃないでしょうか。
熱い(暑い、ではなく^^)夏が終われば秋なのです、うん♪

進学にせよ、その他の進路にせよ。
恋愛も進路も、最善の選択をしてほしいですよね☆

| いき♂ | 2010/09/07 02:17 | URL | ≫ EDIT

は、はやい……!(ナウシカのユパさまのシーン風に)
キュンキュンしちゃいました・v・
私も青春書いてみたいです……でも挑戦する勇気がない:_:
ステキ作品、ありがとうございました。
ゆ、ゆうさんすごい!!!!

| 春 | 2010/09/07 02:19 | URL | ≫ EDIT

>いき♂さん
コメント早いよっ!
まだ私うpしてからちょくちょく誤字脱字手直しに再編集してたところでしたよ!!

という照れ隠しはこれくらいにして^^^^
早速のコメントありがとうございます/////
コメントが書き込みされたときはケータイに知らせるように設定しているんですが
鳴ったときは飛び上がってしまいました><


・・・青春になってますか?・・・恋愛になってましたか?
いきさんに断言してもらえて嬉しいです。
私は自分で書いてて恋愛ピンク色が淡い色すぎて白になってるんじゃないかと思いましtry^^
中3といい、高3といい、この時期は夏休み明けテストの立て続けでかなり嫌いだったのを覚えてます。笑


私もまた進路を考える分岐点に立たされてます。
自分も含めて最善の選択をしてほしいですね(●^ー^●)

| 神楽崎@管理人 | 2010/09/07 03:25 | URL | ≫ EDIT

>春さん
ユパさま・・・!!
そのシーンの引用にドッキンしてしまいました私も大好きです!!^^


春さんをキュンキュンさせることが出来てよかったです(●>v<●)
「甘々小説書くぞー!」の勢いだったんですが
最終的に恋愛ピンク色が青春あおいろになってしまいましたww
いまだ展開のもっていきかたが雑です・・・。


これで春さんとの合同でもうひと作品
書けたら企画として満足だな!!(ォィォィ

| 神楽崎@管理人 | 2010/09/07 03:31 | URL | ≫ EDIT

青春だー!(羨ましい
いいですね、野球児!!
両思いであって、さっぱりしている二人がよかったです。
恋愛小説は書けない(断言)ので、たっぷり堪能させてもらましたw
私も構想はまとまったのですが、
土日にならないと書き始められそうにもありません;
締め切りギリギリ駆け込み応募になりそうだ(´・ω・`)

| 桜木 凪音 | 2010/09/08 00:43 | URL | ≫ EDIT

か、か、可愛い!!!!
悶えましたよ、ゆうさん。
図書室白書といい、初恋のときめきを書かせたら天下一品ですね。
早河さんがすごく魅力的です。
春には晴れて高校生になって、並んで自転車で帰ったりするんでしょうね、青春だなあ、甘酸っぱい・・・。
なんかきもちわるいコメントですみません。
私も何かかきたくなりましたが、こんな爽やかな話は無理っぽいです。

| 水聖 | 2010/09/08 17:37 | URL | ≫ EDIT

こんばんは、遠野です。
自分の方の企画小説で手一杯だったので、
コメントしてなかったですw

早河さん健気です。あと、整体師ってチョイスが好きですw

っていうか、本当余談なんですが、
実は女性でもプロ野球選手になれるという雑学ww
しかも、女子プロが男子リーグにも参加できるという……w
そんなことを何となく思い出してしまいました。

| 遠野秀一 | 2010/09/09 21:52 | URL | ≫ EDIT

>桜木 凪音さん
野球児いいですよね!!
私も野球のことあまり知りもしないのに夏になったら高校野球で騒いでますww
私は女子高だったからな・・・1度でいいから母校応援とか言ってみたかったです笑

凪音さんの物語楽しみにしてますよぉ~!
そしてこの秋くらいには・・・イラストお渡しできるように頑張るっ!><

| 神楽崎@管理人 | 2010/09/10 00:21 | URL | ≫ EDIT

>水聖さん
もっと甘々な物語書きたかったのに・・・
だってこれ甲子園目指してなので・・・一応主人公たち高校生なのに
私が書くといっつも初恋とか幼稚でたどたどしい恋愛ものしか書けないみたい><
図らなくもピンクや赤じゃなくて水色みたいな青春小説になっちゃいましたwww

水聖さんの執筆センスほしいです。(真顔)

| 神楽崎@管理人 | 2010/09/10 00:26 | URL | ≫ EDIT

>遠野秀一さん
あ、ついこの前までニュースで高2の女子高生がナックルボールでプロ入りしましたよね^^
私も遠野さんのコメントで思い出しました。(アチャ

あと早河さんは整体師かスポーツトレーナーかで迷ったんですが
友達がスポーツやってるのがキッカケで整体を勉強する子がいたので・・・モデルにさせてもらいましたw

こっちのコメントのほうが後になってしまいましたが
遠野さんのAutumnStoryも読ませていただきましたよ♪
お忙しい中ありがとうございますm(_ _)m

| 神楽崎@管理人 | 2010/09/10 00:33 | URL | ≫ EDIT

はじめまして!まどるDと申します。

受験と言う一つの壁を前にする恋愛ってまさに淡い青春ラブストーリーって感じがしましたね。

なんというか、川に太陽の光が反射して、影になった二人がキャッチボールしてる情景が目に浮かびました。

| まどるD | 2010/09/11 21:08 | URL | ≫ EDIT

>まどるDさん
はじめまして!
こちらこそコメント&企画参加ありがとうございます(o^-^o)

>なんというか、川に太陽の光が反射して、影になった二人がキャッチボールしてる情景が目に浮かびました。

言われて私も「ぉお!そんな感じ!」と思いました。
夕日で川がキラキラしてて・・・みたいな感じw
書いてるときはそんな情景を考えもせずに書いてたんですが
言われるとすっごいベタな青春だなぁ~と笑ってしまいました^^^^

| 神楽崎@管理人 | 2010/09/16 00:16 | URL | ≫ EDIT

はじめまして
企画参加させていただきました、も。と申します。

せ、青春…っ。
夏の終わり、受験期に入るのに妙に浮ついてだるっとした野田の感じ、よくわかります。私もそんなでした…。
早河みたいな彼女はいなかったので、親というか弟に背中押されましたが。野田がうらやましいです。
直接の情景描写は少ないですが、野田の心理描写と早河とのやり取りが目に浮かんで、キュンキュンしてしまいました。

これから一緒に勉強したりするんだろうなと思うと…っ。


お邪魔しました。

| も。 | 2010/09/27 19:32 | URL | ≫ EDIT

>も。さん
キュンキュン・・・・!ありがとうございます!!

書きはじめは恋愛小説書くぞって勢いでキーボードを打ち始めたのですが
気づいたらピンク色どころか青春小説の淡い水色へと変化していました・・・。
もっと甘々なものを書いてみたいのですが
自分には無理そうです^^
それに今回は情景描写よりも会話表現中心に話を書いたので
秋っぽくないなぁ~と自分で思ったのですが(笑)、
でも「やり取りが目に浮かんで」というお言葉いただいて嬉しいです><


企画のご参加もありがとうございました♪
そしてまた秋物語思い浮かんだら何度でも投稿してください。

| 神楽崎@管理人 | 2010/09/28 01:45 | URL | ≫ EDIT

 とっても読後感が暖かくなる作品でした^^
 
 早河さんは、かなり前、小学校? から想いを寄せていたんですね^^
 そして最後の一行。
 これから彼女に振り回されたり、彼女のために一生懸命頑張る姿を連想しちゃいました^^

PS.最近、コミュの雑談広場がさみしいですね><

| 月黎風 | 2011/08/18 04:35 | URL | ≫ EDIT

>月黎風さん
1か月以上も前のコメントにレスをwwww
遅れてしまって申し訳ありません><
コメをもらった瞬間読んではいたのですが
返信がなかなか・・・・気づいて・・・くれるだろうか・・・

感想ありがとうございます(*'-'*)
そうです、早河は小学校から思いを寄せていた設定になっています^^
文には書けなくとも自分の頭の中で
登場人物たちの人生や関係相関図が出来上がっています。
彼らの周りの人間も出せていけたら良いです。

わたしも最近コミュがご無沙汰なので
活用していきたいです^^;

| 神楽崎@管理人 | 2011/10/01 16:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。