FC2ブログ

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

第二章 闇への逃走 ④

 「いたっ」

 走る車から飛び降りるのは思った以上に痛かった。手をついて落ちてから一回転横に転がり、両方の肘と膝、肩をも強く打って擦りむいた。
 しかし、痛がってうずくまっている時間はなかった。シュナが飛び降りてから10メートルあたり先で車が急停車した。
 膝の痛みをこらえて立ち上がった。膝小僧に食い込んだコンクリートの小さな石を払うことなく、歩道に向かって全力で走る。
 都心に近づいたと思っていたが、通りの人通りは少なかった。空は真っ黒で、店のシャッターも閉まりかかっている。
 人々に紛れて逃げることはできなかった。
 シュナは後ろも振り向けずに、必死に走った。
 
 どうしよう どうしよう どうしよう

 パニックそのものだった。走っているのとは別に心臓はドクドクと脈を打ち、喉には何かが詰まったように上手く息ができない。汗が額ににじみ出てきたが、体はものすごく寒い。

 どんっ。肩が人にぶつかった。
 
 「おいっ!テメェ、ぶつかったら謝れよ!」
振り向くと、さっきぶつかった男がこちらを睨んでいた。

 そうだ 誰かに助けを求めよう

とっさにそう思った。シュナはぶつかった人が立っている所に走り戻った。
 「た、助けてください!今知らない人に追いかけられてて」
 「はぁ!?そんなのしらねぇよ、それよりテメェ人にぶつかっといてシカトしてんじゃねえよ!」
男はシュナを下から睨めまわした。ポケットに手を突っ込み、どうしてくれんだよと言いたげに半歩近づいてくる。
 シュナが肩で息をしながら、どうすれば、と慌てていた。
 シュナが男に交番の場所を聞こうと口を開けたその時、男の肩のから通りを走ってくる人の頭が目に映った。

 きたっ

 ぶつかった男になにも言えずにきびすを返して、慌てて走り逃げた。
 このまっすぐな道を逃げても捕まってしまう。
 夕方に見た子供の光景が脳裏に映った。
 急いで道路を渡り、反対の歩道に映った。
 そのまま左の道へと駆け込む。

 しかし、暗いゴミ箱と缶や新聞紙が落ちている真っ暗な道で足を止めた。
 行き止まりだったのだ。来たこともない街で一心不乱に走っていたので、ここがどこかも分からなかった。シュナが入ったビルとビルの間の道は、違う建物で先がなかった。
 引き返そうと振り返ると、さっき通った道路から黒いスーツを来た男がこちらを見ながら走ってくるのが見えた。
 もうどう逃げようなんて考えられなかった。パニックで頭が動かない。そして体ももう逃げられないと思ったように動かなかった。息もしているのかどうか自分でも分からなくなり、その場に立ち尽くしてしまった。

  
 自分はあの子供のように、お母さんのように殺されるんだ






 「おまえ、なにやってんだよ」

 行き止まりの真っ暗な道の先から声がした。



to be continued……

関連記事

web拍手
| Children | 14:33 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

また、良いところで終わりますねえ(笑)
こんばんは。
ぱんだもえです。

う~ん、最後の声の主が何者で
これからどんな役割を果たすのか・・・気になる(笑)

次回も楽しみですな~。

| ぱんだもえ | 2006/08/29 22:58 | URL | ≫ EDIT

いつもコメントありがとうございます!

えぇ、それはもういつも良いところで終わらせるように頑張ってます。笑

新キャラ登場なので、登場人物の絵が又描けそうです(o^-^o)
やっと物語の“起承転結”の起が終わりそう・・・かも?

| 神楽崎 ゆう | 2006/08/30 00:09 | URL | ≫ EDIT

こんばんは、遠野です。
いやー、前にコメントするって言ってから
大分経ってしまいましたが……、ようやく来ましたw
まぁ、これを書いたのは随分前だそうなんで、やんわりと。

一章で誘拐現場を見て、お母さんが殺されて、しかもシュナ自身も誘拐されそうになって。
ドラマティックな展開でとても面白いです。

前から気になっていた点ですけど、
同じ話の中でも一人称だったり、三人称だったりしますよね?
意図してなのか、そうでないのかわからないんで、
何とも言えないんですが……。
それぞれの視点で書くことの利点や欠点があります。

一人称は、主観的な感情や心理描写を書くのに向いてます。
三人称は、客観的な風景描写や主観が入り込めない場所までの状況を書くことが出来ます。

視点が混在しているとわかりづらいこともありますが、
各々の視点の利点を考えつつ、注意していけば大丈夫だと
思います(個人的にはどちらか統一されている方が好きですが)。

お母さんが殺された時や、逃走中の心情は
よく書けていると思います。
まぁ、お母さんが殺されていたシーンの心情は
もっと引き延ばして、いろいろ思ってほしかったです。
逃走中の方は凄く良く書けていると思います。

| 遠野秀一 | 2010/05/01 20:57 | URL | ≫ EDIT

>遠野秀一さん
コメントありがとうございます!

文章の視点は・・・私もシュナ視点になったり三人称になったりで統一したほうがいいかも、と思ったのですが
一人称だと書けないこととか(またその逆)があるので
カメラワークが変わるように上手く組み合わせられないかな・・・と模索中です。
読者にもどっちなのかわかるような文体になるように気をつけたいと思います。

お母さん殺害のシーンはね^^これからちょこっと触れる予定ですが。
でも案外目の前で死んでる姿みて泣き叫ぶとかするほど
簡単に理解できることなのかな、って(自分だったらどうだろうかとか置き換えて)考えたら
すごい淡白なシュナちゃんになっちゃいました^▽^;
追いかけられるのは、自分がよくそういう怖い夢を見るので
この物語もシュナちゃんはしょっちゅう追いかけられちゃってますww

| 神楽崎@管理人 | 2010/05/05 14:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。