PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

『 NO.6 beyond 』(あさのあつこ/著)

NO.6〔ナンバーシックス〕 beyond (YA!ENTERTAINMENT)NO.6〔ナンバーシックス〕 beyond (YA!ENTERTAINMENT)
(2012/11/22)
あさの あつこ

商品詳細を見る

管理人評価:★★★


【あらすじ】
フジテレビ「ノイタミナ」にてアニメ化、そしてシリーズ累計100万部突破した近未来スペクタクル巨編『NO.6』。
今回、9巻で惜しまれつつ完結したストーリーに、驚きの“外伝”が登場!

西ブロックに稀な、春の日のような穏やかな一日。NO.6崩壊後にNO.6に留まった紫苑。
風のようにさすらうネズミ。そして、紫苑の父の秘密―。惜しまれつつ完結した物語に、さらなる命を与え、それぞれの生の一瞬を、鮮やかに切り取る。

多数の完結を惜しむ声に、著者のあさのさんは「外伝を書きます!」と宣言。著者自身、愛情を覚えながら、完全にはつかみきれない魅力と複雑さを持つネズミと紫苑に、さらなる命を与えることに、意欲を燃やしています。
ネズミと紫苑、本編では触れられなかったそれぞれの生の一瞬を切り取り、彼らの秘密に迫ります。


イヌカシとネズミの出逢い、
ネズミの過去、
そして紫苑とネズミのその後───



ということで!
なんとフィクションの、物語的な本を読むのは1年ぶりとなりました!!
(論文とか、教本ばっかりな1年でした・・・)

あの『NO.6』の続編・番外編ということで
本屋で見つけたときには歓喜しました!!!(読むの遅くなりましたがwww)

内容は・・・
イヌカシの日々
過去からの歌
紫苑の日々
ネズミの日々


ということで。
あのときの出来事の、イヌカシ目線で語られていたり
イヌカシとネズミの初めての出逢いだったり、
紫苑とネズミの”NO.6”崩落後の、その後(半年後)ストーリーだったり。
紫苑のお父さんが語られたり。

ふたりのその後はとても気になっていたから、読めたのはちょっと嬉しかったです^^

・・・が。
これまた気になる終わり方で。

NO.6都市の再建委員会になった紫苑だけど、前市長のように独裁者にならないトップにならないことを願っていたのに
最終的に・・・・紫苑も同じ道をたどってしまうのかなって。
なんか紫苑がだんだん変わっていってしまうようで・・・・
邪魔者を巧妙に排除して、支配下に置いてしまう、、、そんなふうに変わっていってしまっている助長があってなんか寂しくなりました(´・ω・`)
前市長と違って、あくまで「巧妙」なのが問題で。
賢い、というべきか。
正当性を持って排除しているのが怖いところです。
それってどことなくドイツのヒトラーに似たところがあると思いました・・・。
ヒトラーもユダヤ人を虐殺した、で有名だけど元々は国民に選ばれた人なんだよね。

て思うと・・・ううむ。

紫苑はすごく優しい子だけど、ときどきネズミより残酷な部分を持っているよね。
どっちが良い悪いとか、どっちが冷酷かっていうのはわからないなって思いました。
人間、みんなどこかそういう二つの要素を持っているような気がします。。。


でもきっと、イヌカシがいちばん根が優しい子な気がする!!^^


あさのあつこさんの本は、いつもイイ意味?で後を引くものを書くよね・・・余韻が残るというべきか。


考えさせられます。


▼ランキング参加しています。ポチっとクリックがとっても嬉しいです♪
関連記事

web拍手
| 読本れびゅー | 01:24 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。